シンガポールでの両替タイミング

チャンギ空港に着いて先ず必要になるのが、シンガポールドルです。空港からタクシーでマリーナベイサンズまで行くにも支払いで必要になります。

だとすると、空港ではドルを入手しておく必要が有る筈ですが、それをどこで調達するか?日本の銀行で両替して持って行くか?

結論から言うとチャンギ空港で両替すれば良い様です。

日本の銀行の方がレートは悪い様ですし、何よりも両替の為に銀行の窓口まで営業時間に行かなければなりません。

幸いチャンギ空港は24時間空港で、両替窓口も現地の銀行経営のお店が早朝でも利用可能の様です。また、レートも市内のレートが良い両替商とそれ程変わりがなく安全の様です。

それならば、今回のツアーは送迎無しの空港からフリーな状況ですので、ゆっくりと早朝の空港で両替してからタクシーに乗れば良いですね。

ホテルの両替所よりも空港の銀行窓口の方がレートが良さそうなので空港に着いたら、両替を済ませてしまいたいと思います。

流石、アジアの玄関口の24時間空港ですね、安心しました。


マリーナベイサンズのwifi状況

どうやらマリーナベイサンズ内では無料のwifiが使える様です。

これは嬉しい限りですね。

部屋には有線LANとwifiの両方用意されているらしく、wifiに関しては受付で貰える個別IDで入る事ができるそうです。

このwifi、屋上のインフィニティープールでも使えたという証言もあり是非行ったら試してみたいと思っています。

屋上のプールで撮った画像をその場でinstagramにアップしたり、LINEで日本の友人に送ったりしてみたいと思います。


早朝シンガポールに着いて、どうしても眠かったら・・・

羽田を深夜に立ち、シンガポールのチャンギ空港に着くのは早朝。

前日、仕事がありどうしても眠くて、そのまま観光に行くのは辛くて少しだけでも仮眠をしたい場合・・・そんな時はチャンギ空港の仮眠室andラウンジ(有料)を使ってみるのも良い手かもしれません。

チャンギ空港には、24時間営業の有料ラウンジ「The Haven」があるそうです。そこには別料金で横になって眠れる仮眠室も併設されており、トランジット客などに便利な空間の様です。

どうしても、眠くていきなりの観光が辛い場合には良い選択かもしれませんね。まぁ、私の場合はマリーナベイサンズを目指し荷物を預けてカジノへ直行したい気分で一杯だと思いますけどね。www

「The Haven」
http://www.thehaven.com.sg/


空港からマリーナベイサンズへのシャトルバスは廃止されている??

マリーナベイサンズ宿泊ツアーは確保でき、いよいよ日程について考えている昨今ですが・・・

色々web等情報を見ている中で、空港からマリーナベイサンズへのシャトルバスの話を目にする様になりました。また、予約したツアーには送迎は付いておらずオプション扱いでした。

しかし、私は「なんだ・・シャトルバス有るなら送迎なんていらないんじゃん!?」と思いながら、詳細を確認しようとweb等を調べていると・・・シャトルバスが廃止!?しているらしいのです。

そもそもシャトルバスは、ホテル近くのBayfront駅未完成時の代替策だったらしく、現在は利用出来ないらしいのです。

マリーナベイサンズはカジノ併設だからシャトルバスが有っても良い様な気もしますが・・・

只、やはりタクシーが便利な様で時間帯に因っては、1000~1500円でホテルまで行けたとの証言もあり、私達が到着する早朝ならそれ程掛からないのでは?と推測したりしています。

それならタクシーを使ってしまうのが得策なのでは?と考えています。


なんとかシンガポールへのツアーは確保出来そう・・・

正直、少し焦りました。

第一希望で出したツアーは航空券が無く、、、見直しが必要になり、それ以外の行先も検討問い合わせするも、お値打ちなツアーは見当たらない・・・流石に出発が近づいてくると辛いですね。

まぁ、今回はスケジュール上仕方がないので少し予算が増えましたが何とかシンガポールへのチケットは確保出来そうです。

本来は超お得なツアーを狙いたいところですが、選り好みしていると、その日時で旅行出来ない事態も起こりうるので妥協しました。

スケジュール上仕方がないですね。

いよいよ冬の旅行が具体化してきましたので、必要な物や予定をリストアップしていきたいと思っています。