シンガポール マリーナベイサンズ ショッピングモール内の逆噴水

シンガポール マリーナベイサンズ ショッピングモール内の逆噴水
Reverse fountain in  shopping mall at Singapore Marina Bay Sands.

マリーナベイサンズホテルから直結しているショップスアットマリーナベイサンズ内の逆噴水。
この巨大なショッピングモールには、世界的なブランド店からカジュアル・ファッションの店舗まで勢ぞろい。
MRTも直結し宿泊客のみならず多くの観光客が訪れます。
マリーナベイサンズ内にあるフードコート、Rasapura Masters(ラサプーラマスターズ)では低価格でお腹一杯の各国料理が楽しめます。
カジノで遊んでフードコートで食事し、その後ショッピングなんて最高ですね!!

ラッフルズ シンガポール レビューと価格 Expedia


シティホールを望む セント・アンドリューズ・ロード

この日の午後は正に真夏日でした。

長時間外に出続けて居たならばバテテしまっていたかもしれません。何しろ到着した日の機内泊の午後ですから・・・

それでも市内を散策し撮れたのが、この写真です。

betr15singpe6037

 

 

 

 

 

 

中に入ってはいませんので詳しいことは分かりませんでしたが、ここは旧市庁舎・旧裁判所であるナショナル・モニュメントだそうです。当日はその事は知りませんでしたが、一目見てその雰囲気からその様な建造物である事は容易に想像できました。

これだけの趣のある建物はそうそう無いですからね。

更には、英国が日本軍の降伏を受理した場所でもあり、シンガポール政府の成立が宣言されたのもこの場所なんですね。

正にシンガポールの歴史そのものですね。


早朝の羽田空港 シンガポール航空機

シンガポール チャンギ空港を深夜に出発し、羽田に到着したのは早朝の6時頃でした。羽田ーシンガポールの空の旅は、往復共とても快適で私的に「6時間フライトのシンガポールって近いなぁ~」というのが終始一貫した感想でした。

betr15singpe6031

 

 

 

 

 

 

到着直後の羽田シンガポール航空機

到着したのが日曜だったことも有り、山手線も空いていて問題ありませんでした。木曜日の深夜発、日曜日の羽田着のシンガポール弾丸ツアーはとてもお薦めですよ!!

会社勤めの方でも、金曜日だけ休みを取れば日曜日早朝羽田着のプランを選べば、十分に月曜日から働けますからね!!

1泊4日の弾丸ツアーでしたが、シンガポールをそれなりに満喫することが出来ましたから。

何社かのツアー会社さんからプランが出ていると思いますので、是非検討してみては如何でしょうか?

 


マリーナベイサンズのカジノ

シンガポール旅行の目的の一つにカジノがあると思います。

中はとても広いホールになっていてエスカレーターがあり、2層になっていました。(2階は中央が吹き抜け)

カジノに入るチェックは厳しい印象を受けました。

審査官にパスポートを見せる前段階でもう一人スタッフが立っており、事前にパストートをチェックしていました。

また、退場する際にもパスポートを提示する必要がありました。

betr15singpe6051

 

 

 

 

 

 

この出入口はメインゲートではなくショッピングモールに面した所にあり、ここからは外国人は入れない様でした。(未確認ですが退場のみ可能だったのかもしれません・・・)

私がラスベガスで体験した派手な演出のカジノゲームはありませんでした。(特大のスロットマシーン等)

それでも、十分楽しめるカジノでした。

因みにソフトドリンク・ミネラルウォーターは無料で提供されていました。

ホール内に併設したアジアン料理店が数点存在し、私は火鍋を食べましたがリーズナブルで味も良かったです。

昼間の時間であれば、一度退場しショッピングモール内のフードコートへ行けば日本の様にバラエティー豊かにランチ等可能です。そういえば熊本ラーメンのブースや日本式のお弁当屋さんもありましたね。

マリーナベイサンズが気に入ったので外に観光に行くより、たっぷりマリーナベイサンズで時間を過ごしたいと思ったのも事実です。


マリーナベイサンズショッピングモール内のブティック街

この写真は、私が宿泊していたT3からカジノへ向かう途中、地下ブティック街を撮ったものです。

betr15singpe6134

 

 

 

 

 

 

左右にはショップが並び廊下は黄金色に輝いていました。

私自信はショッピングに興味はありませんでしたが、カジノへ向かうワクワク感から今思い出しても、良い印象しか残っていません。ww

やはりカジノがあると高揚感が違いますね。

この先には明るい一般的なショップや飲食街もありますので、是非一度体験される事をお勧めします。